評判のいいスウェーデンハウスなら安心して任せられる

一軒家

住宅購入は新築か中古か

鎌倉で売られる一戸建てには、新築と中古があります。新築としては、自分で設計できる注文住宅と、つくられたものを買う建売住宅が挙げられます。前者は好みやニーズに沿った家にでき、後者は手間をかけず購入、入居可能です。中古は居住履歴がある既製品ですが、新しいものも多く、古くてもリフォームで一新できます。

模型を持つ人

プロと一緒に家づくり

茅ヶ崎で家をつくる時に大事なのが、しっかりした予算と冷静な判断です。自分たちだけで土地を探していると予算オーバーしやすいので、プロと相談しながら探しましょう。プロのアドバイスを参考にすれば、間違った判断をせずにすみます。

住宅模型

使用材料も違ってきます

地震に強い家は、使用される材料によって、組み立て方に特徴を有する工法として区分されています。地震に強い家を実現するための工法は、それぞれにメリット・デメリット部分があり、専門家と相談しながら選択する事が重要です。

一貫したセールスポイント

玩具の家

断熱性の高い家

独特の外観と高断熱・高気密で評判のスウェーデンハウスの住宅は、シェアとしては決して高くはないけれども、スウェーデンハウスで住宅を建設した人から高い評判を受けています。多くのハウスメーカーでは構造やデザインなど多くのセールスポイントをカタログやホームページに記載しています。一方、スウェーデンハウスでは創業以来一貫して高気密・高断熱をセールスポイントとして使っています。スウェーデンハウスの高い評判は、北欧の重厚な外観と断熱性の高い木造住宅によるものです。現在の住宅は壁や屋根にはたっぷりの断熱材が使われていて、断熱材の性能もあがっていることにより壁や屋根からの熱の放出はかなり抑えられています。最も熱が逃げている箇所は窓ガラスおよびサッシになっています。古い日本の家屋は窓枠に木材を使っていました。木材の窓枠は変形してしまうため、隙間風が入ってきてしまいます。最近の住宅の窓はほとんどがアルミサッシが使われていて、一部外側にも樹脂製のサッシが使われています。変形が少ないため隙間風は防ぐことができますが、材質的には木材よりも熱を通しやすくなってしまいます。スウェーデンハウスは木材の窓枠を使っていますが、分厚い木材を使っていることにより変形が少ないため、隙間風が防げる上に断熱性も高い理想的な窓枠になっています。断熱性はもちろん落ち着いた外観の窓枠の評判も高くなっています。アルミサッシにつきものの結露の心配もありません。窓ガラスも多く使われている二重ガラスの更に上の性能の三重ガラスを使っています。